忍者ブログ

食品添加物の知識

食品添加物の知識

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

保存料について

昔の人々は、食品の保存性を高めるために塩やスパイス、砂糖などを用いてきました。現在は、主に食品添加物が使用されています。
保存料は、食品の保存以外に、食品の腐敗の原因となる微生物の増殖を抑え食中毒の予防に役立ちます。また食品の風味を保持する作用があります。低温貯蔵と併用するとその効果を高めます。

保存料の種類
・有機酸エステル類・・・ソースなどに使用。
・有機酸とその塩類・・・マーガリン、醤油などに使用。
・天然植物成分抽出物およびその分解物・・・惣菜など一般食品に使用。

主な保存料

●ソルビン酸カリウム
殺菌効果はありませんが、水に良く溶け、カビ、酵母、好気性菌に対して繁殖を阻止する効果があります。菌の量が多くなると効果が期待できないことから、原料の質や製造方法など、他の条件が必要となります。

●安息香酸ナトリウム
水によく溶け、カビ、酵母、好気性菌に対して増殖を抑制する効果があります。
主な使用:マーガリン、醤油、清涼飲料水などに用いられます。

●しらこたん白抽出物
魚類の精巣(しらこ)から成分を分解、中和して製造されます。
耐熱性があり水に溶けて、耐熱性芽胞菌の繁殖を抑制する効果があります。カビ、酵母に対する効果はほとんど期待できません。
低温貯蔵との併用が保存効果を高めます。

PR

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

フリーエリア

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]