忍者ブログ

食品添加物の知識

食品添加物の知識

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

光沢剤と豆腐凝固剤

食品添加物のうち光沢剤は、次の4つに分類されます。
1.動物性・・・ミツロウなど。
2.植物性・・・カルナウバロウなど。
3.鉱物性・・・マイクロクリスタンワックスほか
4.樹脂類・・・シェラックなど。

光沢剤は、食品の表面の光沢を良くし、外見をよくする効果だけでなく、以下のような食品の品質を保持するための作用があります:
・生野菜の水分蒸発を抑制する効果。
・空気や湿気を遮断して、食品の品質を保持します。
・柑橘類の防虫効果、鮮度保持効果。

●ミツロウ
ミツロウは、ミツバチの巣を加熱圧搾し、ろ過、精製して製造します。
主成分であるパルミチン酸ミリシルは、ミツバチのお腹にあるロウ腺から分泌されたものです。油脂や熱エタノールに溶けてつややかな被膜をつくります。
主に、果実、お菓子、コーヒー豆に添加されます。
表示は、一括名で「光沢剤」、あるいは「ミツロウ」と表示されます。

●豆腐凝固剤
豆腐凝固剤は、大豆から作った豆乳を固め、豆腐を作るときに使われます。
主な種類としては、「にがり」の成分である塩化マグネシウムや塩化カルシウムなどの塩化物、「すまし粉」の成分である硫化カルシウムなどの硫酸塩、グルコノデルタラクトンなどのラクトン類などがあり、豆腐の種類によって使い分けられます。
一括して「凝固剤」と表示される場合が多いです。


アイフォンケース

PR

フリーエリア

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]