忍者ブログ

食品添加物の知識

食品添加物の知識

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

成形剤について

成形剤には、賦形剤、結合剤などがあります。
賦形剤は錠剤の量を増やすためのものだが、結合性、崩壊性などの機能を併せ持っているものもある。
結合剤は、成分の結合力を補う。
賦形剤は従来、乳糖やでんぷん系を中心に増量剤として使用されていたが、現在は成形性や崩壊性の付与などの機能をあわせ持つケースがほとんど。打錠機の高速化や、主剤の高含有化ニーズに対応するべく登場したセルロース系が多く使われている。
機能性成分の高含有化にも、添加剤が活躍する。結合剤はその名の通り、成分間の結合力を補う目的で配合される添加剤。少量添加で結合力を発揮することから、錠剤の小型化、粒数の削減にもつながる。そもそも健康食品は、主剤のほとんどが天然素材であり、グルコサミンをはじめ、錠剤化しにくい素材が多い。
成形剤の主な素材は、結晶セルロース、アカシアガム、HPC、乳糖、澱粉などがある。

PR

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

フリーエリア

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]